エンジンが始動しない

窓からキーを出す

イモビライザー付きの鍵をご存知でしょうか。
イモビライザーとは、自動車の盗難防止機能の事で鍵の部分についているIDコードと車両本体内にある電子制御装置のIDコードが一致しないと電気的にエンジンがかからなるものです。
では、もしもイモビライザー付きの鍵を紛失してしまったらどうしましょう。
実はディーラーや販売店に頼らなくても鍵屋さんで対応してくれます。
もちろんイモビライザーのシステムに精通していて、トランスポンダ判別機や登録装置などの設備が充実しているところが条件です。
大体の価格ですがおおむね3万5000円強で鍵作成をしてくれる業者さんが多いようです。
また本人の所有物である確認のために、自賠責保険証明書や車検証などを提示するケースが多いようです。

2015年現在自動車の鍵にイモビライザーが搭載されていると認識している方は少ないかと思われます。
実際鍵を紛失されてしまった方がただ単にスペアキーの作成を依頼したのにエンジンが始動しないといった苦情が業者に寄せられていたそうです。
その為各ディーラーさんや車の鍵作成業者さんはその認知を広めるために積極的にホームページ等で情報を公開しています。
またイモビライザー付きの鍵は即日対応が可能で、業者さんも、24時間のサービスや出張しての対応を可能にしています。
他にも電話にて、車種、年式、鍵タイプなどの情報から見積もりを出してくれるところもあります。
鍵を失くさない事が1番ですが、万が一の為のバックアップは整っています。